任意売却は競売より精神的な余裕を生む

任意売却は競売より精神的な余裕を生む

 任意売却は競売より精神的な余裕を生むと考えらえます。 やはり、不動産を購入してみてわかるのですが、残債の多さというものは、精神的な負担を大きくします。競売では、一般的な不動産売却の40%〜80%の価格で売却されるために、残債が残り債務の返済は困難になります。また、競売の場合では、強制的に退去させられることもあるため、その後の生活が大変苦しいものとなります。 しかし、任意売却では、一般的な市場価格に近い価格で売却させることができ、その後の生活資金も考慮いただくことも可能です。任意売却では一般的な市場価格に近い価格で売却することができるということは、残債の残りが大きく減るということであり、少しでも生活に余裕が生まれる事でしょう。またその後の生活資金や退去日の融通が利くという面でも同様です。任意売却を利用することで、精神的なゆとりを取り戻すことも可能でしょう。もしも、状況が差し迫っているのであれば、任意売却を利用して精神的な余裕を回復してみてはいかがでしょうか。

任意売却にはいろいろな方法があります

 任意売却の場合は、債務者の考えを確認してから債権者の銀行側と合意を行ったうえで、一般の不動産市場において売却を進めていきます。 そのため、任意売却の場合は、近所の人に債務者のいろいろ内情が知れることなく、一般的な不動産の売却を行って引越しを行うことが可能です。 また、任意売却の場合には、引越しを行う時期や、その他のいろいろな事情を考えて、さまざまなことで相談を行うことができます。 また、任意売却においては、引越しは行いたくない、自分の住宅を守りたい・売却したくない、というような思いが強い場合には、いろいろな方法があります。 例えば、任意売却の方法として、親子間での売買やリースバックなどというような方法もあります。

Calendar