任意売却の意味とメリットについて

任意売却の意味とメリットについて

 任意売却とは、住宅ローンで家を購入しているが住宅ローンを支払えなくなった場合、各金融機関との合意に基づいて支払いが難しくなった不動産を売却するということです。 任意売却と似た言葉に任意売買がありますが、意味合いは同じであり、金融機関などでは一般的に任意売却を使います。 任意売却のメリットとして、市場価格に近い価格で売却できる事、親子間売買であれば親が肩代わりしてくれるのでそのまま家に住むこともできますし、債権者との話し合いで売却価格の一部を手元に残す事もできますので、引越し費用に当てる事も出来ます。 競売にかけるより任意売却の方が遥かにメリットの方が多いですし、周りの人に家を売った事を知られずに済むので、選択肢の一つとして任意売却の利用をオススメします。

任意売却中の支出の優先順位とは

 任意売却をする事になって、 実際に業者にお願いしましたら任意売却中の優先順位というものを考えなければいけません。 いわゆる支出の優先順位というものをつけるというものです。 支出の優先順位というものですが、 どういったものに優先的に支出をしてどういったものの支出をしないのかということです。 任意売却中は基本的にお金をためることも必要になる時期です。 そのあたりも考えておくべきでしょう。 では任意売却中に優先的な支出となるべきなのが、 家族の食費や生活費、そして光熱費などの支払いとなります。 そういったものは滞納してしまうとのちに支払わなければいけませんので、 しっかりと払えるもの払わなければいけません。 一方で任意売却中に支払わなくても良いものがあります。 住宅ローンとマンションの管理費です。 それらについては任意売却で物件が売れた時にそちらのお腹から支払われますので、 気にしないでいいわけです。

Calendar