任意売却の対象になるのはどのような場合でしょうか?

任意売却の対象になるのはどのような場合でしょうか?

 任意売却というのは、住宅ローンなどの支払いが滞って、債権者が競売にかける前に、債権者の了解をもらって売却を行うことを言います。 任意売却を行った場合には、ほとんど任意売却を行った後、債務が残るようになります。 しかしながら、債権者と話し合いを行うことによって、毎月の返済額は支払いに対して無理のないような返済にしてくれることがほとんどです。 任意売却の対象になるのはどのような場合でしょうか? 任意売却の対象になるのは次に示すような場合です。 ?3ヶ月以上住宅ローンの支払いが滞っており、債権者から債務を一括で返済することを要求されている場合。 ?すでに競売を開始する決定通知が届いている場合。 一括請求が債権者から届いた後、任意売却を行わないでそのままの状態にしておくと、債権者は持ち主の了解を得ないで競売にかけます。

任意売却を円滑におこなうには・・

任意売却を円滑におこなうにはどのようにしたら良いのでしょうか。当然ですが任意売却は、普通の不動産売却と違い、売主と買主、そして仲介業者の他にも、金融機関などの債権者やサービサーと呼ばれる債権回収会社も間に入ってくる状態になります。仲介業者は、任意売却をおこなうため、普通の不動産売却同様、販売活動をおこないますが、さらには債権者やサービサーに残債務についての話し合いを設けて、その後の返済が無理なくおこなえるように努力します。他にも連帯保証人にも事情を話したり、時にはマンションの管理組合への窓口業務をおこなったりと、多くの業務が必要とされます。ですから任意売却を円滑におこなうためには任意売却に精通した、経験のある不動産会社や、専門の業者に依頼するのがベストな方法と言えます。

Calendar