任意売却によって住宅を処分するメリットについて

任意売却によって住宅を処分するメリットについて

 人が住むための住宅を購入する時にほとんどの人が住宅ローンを組んで購入することになり、住宅を購入してから毎月一定の額の住宅ローンを返済していくことになります。 しかし何かの事情によって収入が少なくなってしまったり、無収入になってしまった場合は住宅ローンの返済をすることができなくなります。こういった場合は住宅を処分して対応することになります。 そして住宅を処分する方法は競売と任意売却がありますが、任意売却で住宅を処分したほうがメリットがあると言えます。任意売却とは住宅の所有者と債権者が処分価格を決めて、買い手に売却することを言いますが、任意売却で住宅を処分するメリットとして競売で住宅を処分するよりも高い金額で処分することができます。そのため任意売却で住宅を処分することによって債権者もより多くの債権を回収でき、住宅の所有者も借金をよりたくさん減らすことができるので双方にメリットがあると言えます。

任意売却の手続きをする時の流れ

任今回は任意売却の手続きをする時の流れについて考えてみたいと思います。 まず、任意売却というのは、例えば住宅ローンの融資を受けたのに購入した家のローンの返済ができなくなった場合に、融資を受けた金融機関との合意を得て家を売却することです。 このような任意売却ですが、どのような手続きになるかと言うと、一例として以下のような流れになります。 ・金融機関や専門の業者に任意売却に関する打ち合わせや相談の連絡をする。 ・実際に会って打ち合わせを行う。 ・任意売却をする物件について査定をしてもらう。 ・債権者と交渉を行う。 ・満足のいく条件であれば任意売却の契約を行う。 以上、一例を説明させていただきました。専門業者などによって流れが異なるかもしれませんが、参考になりましたら幸いです。

Calendar