任意相談窓口を利用するべし。

任意相談窓口を利用するべし。

住宅ローンなどからの借り入れによって、住宅を購入した際、もし私たちの返済が滞ってしまうなら どうなるでしょうか?普通に考えてお金を貸したほうは早く返して欲しいですので なにかを売らせて借金の返済に充てることになるでしょう。 もちろんその場合は私たちの住宅になるでしょう。 そのような事態はどうしても避けたいものですが、避けられない時もあります。 そんな時には任意売却という決定をすることが出来ます。 任意売却とは負債を抱えている人が自分の意思でつまり任意で売却をして 借金の返済に充てると言うことです。 任意売却によって前向きに将来を設計していこうという方には 助けがあります。 それは、その任意売却相談窓口です。 そこで詳しく相談するなら、自分にとって任意売却が本当にあったシステムなのか をじっくり考えてよい決定を下すことが出来ます。

 

任意売却後の残ったローンについて

任意売却手続を終えたあとは、やはりローンが残る場合が多いでしょう。それでは任意売却後に残ったローンはどうなるのでしょう。もちろん続けて返していく義務があります。ここは交渉で、毎月の返済可能額を決めていき、双方納得のいく形で話し合い、毎月代位弁済をした保証会社に返済していく必要があります。多くの場合、賃貸物件に引っ越すのでその家賃と残ったローンの二重払いになりますが、任意売却をする前の住宅ローンを払うときよりは負担は減るという場合が多いです。ただほかの支払いや未納などがあった場合は、続いて任意整理をするのか、または、任意売却の際に一緒に相殺するのか方法はいくつかありますので専門家に相談するとよいでしょう。

 

Calendar